腸もみダイエットのやり方,効果【下痢・便秘スッキリ解決!】 > むくみ対策に小腸5点もみ > 腸もみダイエット 小腸まわり編

むくみ対策に小腸5点もみ

腸もみダイエット 小腸まわり編

腸揉みダイエットの実際の揉み方をご紹介いたします。
まずご紹介するのが小腸まわりの腸もみ。

腸揉みダイエットでは、小腸の血流が良くなると体全体が
活性化するという一番重要なポイントなんだそうです。

以下に簡単ながらやり方をご説明いたします。


●押すときの手の形

 両手の親指以外を第二関節まで揃えてくっつけ、
 その状態の8本の指先で押します。

 ちなみに爪が長くて押しづらい場合は、、
 4本の指を伸ばして重ねて、その部分でお腹を押してください。


【1】
まず、仰向けに寝てリラックス。
  上記の手の形で、へそから真上に指3本分離れた所を押します。

  この時、大きく息を吸って、ゆっくりと吐きながら
  4秒かけて押し、4秒かけて指を戻してください。

【2】同じ要領で、へそから指3本分離れた場所で、
  時計の2時、4時、6時、8時、10時の位置の部分を
  時計回りに順番に押していきます。

【3】次に、1と2と同様の順番で
  (へそから指3本分離れた、
  時計の12時、2時、4時、6時、8時、10時の位置)、
  押しつけた指先で小さな円を描くような感じで押し揉みます。

  痛みやコリを感じたポイントがあれば、そこがむくみの原因
  最後にもう一度揉んでください。


ちなみに、どの場面でも力を入れすぎないのがポイントです。

小腸の血流が良くなれば、身体全体が活性化し、
エネルギー消費の良い「痩せやすい体」になります。

気軽に試してみてはいかがでしょうか。

腸もみダイエット やり方 効果