腸もみダイエットのやり方,効果【下痢・便秘スッキリ解決!】 > 胃・肝臓のマッサージ > 腸もみダイエット 胃・肝臓コースで消化機能を回復しよう

胃・肝臓のマッサージ

腸もみダイエット 胃・肝臓コースで消化機能を回復しよう

小腸を揉み解したら、腸揉みダイエットの二段階目として
次は肝臓もマッサージしてみましょう。

を温めて消化をうながし、小腸の働きを助け、
肝臓を揉み解す事で、解毒作用を高める事が出来ます。


は左の肋骨の内側にあり、肝臓はその横から右肋骨の
内側にかけてありますので、肋骨に沿ってマッサージしてください。

最初は指先が入りづらいかも知れませんが、根気よく
マッサージすれば、続けていくうちに柔らかくなっていきます。

以下に簡単ながらやり方をご説明いたします。


●押すときの手の形
 両手の親指以外を第二関節まで揃えてくっつけ、
 その状態の8本の指先で押します。

 ちなみに爪が長くて押しづらい場合は、
 4本の指を伸ばして重ねて、その部分でお腹を押してください。


●胃のマッサージ
【1】まずは仰向けに寝てリラックス。
  小腸の時と同じような手の形で、左側の肋骨の下の
  一番内側に指先を当てます。

【2】4秒かけてゆっくりと息を吸い、4秒かけて吐きながら
  左側の肋骨のきわに指先を押し込むように揉みます。

【3】1の位置(左側の肋骨の下の一番内側)から2cm間隔をあけて
  同じように押しもみます。
  同様に中心から外側に2cmずつずらして計4カ所押し揉みます。

【4】最後に深呼吸をします。


●肝臓のマッサージ
【1】仰向けに寝てリラックスします。
  小腸の時と同じような手の形で、右側の肋骨の下の
  一番内側に指先を当てます。

【2】4秒かけてゆっくりと息を吸い、4秒かけて吐きながら
  右側の肋骨のきわに指先を押し込むように揉みます。

【3】1の位置(右側の肋骨の下の一番内側)から2cm間隔をあけて
  同じように押しもみます。
  同様に中心から外側に2cmずつずらして計4カ所押し揉みます。

【4】最後に深呼吸をします。


ここでの注意点も、小腸と同じく力を入れ過ぎない事です。

基本は小腸の時と同じですので、肝臓をマッサージする事で
ダイエット効果を上げると同時に身体を労わってあげましょう。 

腸もみダイエット やり方 効果